忍者ブログ
主にゲームの話題を。
about:
tcard
twitter
ブログ内検索
Now Playing
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログの評価 ブログレーダー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やっぱこれが無きゃね。

……と安易に仕入れたものの。
このキットには重大な問題がある事に、この時は気づいていなかった。
PR
ダライアスバーストCSに合わせて再販された PLUM 1/60 「レジェンドシルバーホークバースト」を作成し……
注意:この記事は50%がネタ、50%が個人の感想で構成されている。
警告:若干のネタバレ。

Eエンドまで回収しました。

ゲームの来歴はこちらをご覧頂くとして、本記事では省略。
本作ですが、実は発売当初はプレイするつもりはありませんでした。Twitter等でちらほら見聞きはしていたものの、第一印象で「女の子がフィーチャーされたよくあるJRPG」だと思ったこと、当時はPC版が無かったこと、そして何よりゼルダとMHXXで大忙しだったのが大きい。ちなみに前作「ゲシュタルト/レプリカント」やDoDシリーズのプレイ経験も皆無です。
ではなぜプレイするに至ったかというと……。ふとした機会にある人の実機プレイを目にしたのですが、自分好みのゲームジャンルへのオマージュ要素が満載だったからです。

現時点でEエンドまでは完遂しています。ここまでの印象で言うならば……。
「世界観の表現」と「ゲームとしての面白さ」を天秤に掛け、両者の間の局所最適解を追求した素晴らしいゲームでした。

注意: ネタバレの記述。
推奨: Eエンドの完遂。

ブログ放置しすぎだって?承知しております。
最近はエオルゼアと時空越境作戦に入り浸りながらアローラを旅する毎日です。

で、今回はエオルゼアことFF14絡みの話になりますが、
Civilization 5にFF14の都市国家・グリダニアを文明として追加するMODが公開されたと聞いて、長らくしまいこんでいたSteam版に早速インストールしてみました。
テキストが100%英語でゲーム内の解説も不十分、特に指導者特性の具体的な説明が無いとあっては話にならない……という事で、実際にプレイしてCiv初心者なりに翻訳してみました。
イッマスビーディサイデーッ……流石にくどいのでやめましょうか。 真面目にやったことを解説します。

BSGPAC01の改造自体は枯れた技術なので、今更このブログで新しく書くことも無いかと思ったのですが、新しい加工方法や、自分で加工してみて初めて分かった事もあったので参考までに残しておきます。

ズィスワンスフォーザファイターズ……
Copyright © SAVE POINT 2 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]