忍者ブログ
主にゲームの話題を。
about:
tcard
twitter
ブログ内検索
Now Playing
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログの評価 ブログレーダー
注意:この記事は50%がネタ、50%が個人の感想で構成されている。
警告:若干のネタバレ。

















序論:

NieR:Automataは、いわゆるシューティングゲーム(STG)へのオマージュに溢れた作品である。以下に本作のオマージュ元となったと思われるSTGと、その根拠を述べる。

斑鳩」:

本作のSTGめいた雰囲気を醸成している原因の9割はこれ。

レイディアントシルバーガン

  • 自機のソード攻撃
  • 人類が地球から駆逐されている
  • ロボットがストーリーの鍵
  • 繰り返される世界
補足:インタビュー記事でも機体武装の類似性を指摘されている。

アインハンダー

  • 月サイドと地球サイドで戦争
  • 月から地球へ降下する主人公機
  •  『月ニ栄光アレ、地球ニ慈悲アレ。』⇔『人類に栄光あれ』
  • 敵の武器を奪って攻撃することもある
  • ████エンド
  • スクウェア製ゲーム

グラディウス

  • デストロイザコ-!!
※3Dグラフィック、かつコア周辺がグルグル回転するのも相まって、特にトレジャー制作のグラディウスVを思い起こさせる。

ダライアス


R-TYPE

  • フワフワしながら自機に追従する、敵弾を消してくれるオプション僚機
  • 連節タイプの長い敵

怒首領蜂

※およびその後継作品、特に「怒首領蜂最大往生」。
  • 女性型アンドロイドが搭載された自機
  • Eエンド
  • 円軌道を描くオプションから、螺旋状に垂れ流される通常ショット

結論:

NieR:Automataは、シューターならニヤリとできるオマージュ要素に溢れた作品である
STGerへの推奨: 購入。あるいは体験版による、冒頭STGパートの試遊。

注意: アケコンでの操作は困難。推奨: ゲームパッドの使用。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © SAVE POINT 2 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]