忍者ブログ
主にゲームの話題を。
about:
tcard
twitter
ブログ内検索
Now Playing
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログの評価 ブログレーダー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やっぱこれが無きゃね。

……と安易に仕入れたものの。
このキットには重大な問題がある事に、この時は気づいていなかった。
まずバーストユニットについて説明しよう。
これは端的に言ってしまえば新型シルバーホーク専用の砲台ユニットである。普段は亜空間に収納されているが、任意に展開して強力な「バーストビーム」を放つことができる。一番上の写真のように機首に追従させる事も、設置して固定砲台にする事も可能だ。
原作「ダライアスバースト」の基本兵装であり、この使い方が攻略の成否を左右する。ゲーム内時間の半分以上はこいつを展開していると思っていいだろう。
ちなみに当キットはレジェンド機用。ネクスト機・フォーミュラ機も同等のユニットを装備しているが各々でデザインが異なる上、AC版ではカラーリングが自機に連動して変わるという芸コマっぷりを見せ……

ん?

デザイン……?


▼原作ゲーム中のバーストユニット(CS版。PSP・ACでもデザインは同様)


▼原作OPムービー (各種イメージビジュアルも同デザイン)


▼キット


お分かり頂けただろうか。
このキットは「OPムービーのバーストユニット」であり、
我々漁師が散々使い倒した「ゲーム中のバーストユニット」ではないのだ。

ゲーム中の可視性を重視したのか、PSP版の段階でデザインが別々になっており
その違いがCS版に至るまで延々と引き継がれているのである。
今気づいた。OPは普段見ないし

更に詳しく比較してみよう。


右がキットのパチ組(≒OP版)、左がゲーム版である。これだけでも
  • クリアパーツ部のカラーリングが青から緑に変更
  • カラーリング変更
  • 基礎部が後方に延長され、後方のクリアパーツを飲み込んでいる
  • 前方クリアパーツを覆うカバー(?)が消失
と形状からして異なっていることが分かる。

更にこのシーンをご覧頂きたい。バーストユニットの基部から空の色が透けているのがお分かり頂けるだろうか。ゲーム内デザインではこの部分も浮いているのである。

やはり自分としては、ゲーム版のデザインのものが欲しい。とは言え真面目に再現するとなると16パーツに分割したフルスクラッチが必要で非常にハードルが高い。
という訳でキットの形状は尊重しつつ、ゲーム版に近いカラーリングを目指す方針で組もうと思います。

更に続く。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © SAVE POINT 2 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]